あなたの家庭では防災グッズ(防災用品)のご準備はお済ですか? うちは大丈夫というあなたも家族が増えて防災グッズが足りないということがないように、もう一度点検してみましょう。又各自治体で催される防災訓練等に積極的に参加して防災意識と防災学習を常日頃から高めましょう。その際家庭防災用品等も紹介 されたりしていますのでチェックしてみてください。家庭内でも防災対策として防災マニュアルを作って発生後、各自が適切な行動が出来るように心掛けましょう。 家族がばらばらになっている昼間などに発生することを想定して、落ち合う場所等(避難場所)も事前に決めておくことが大切です。 会社勤めのかたも自宅へ徒歩で帰らなければならないかもしれませんので防災マップ等購入され常に携帯されることをお勧めします。 各役所等にあります防災センターでの防災情報や広報誌を必ず購読することも事前の心構えになりますのでご利用下さい

災害発生時の連絡サービスについて

携帯電話非常時の連絡にはみなさん携帯電話を利用されると思います

しかし発生直後は、一時的に安否確認のため集中する可能性があり送受信とも困難になります

以下に列記しましたサービス等をご使用下さい、必ずとはいえませんが比較的連絡が
取りやすいと思います

災害時緊袖コミュニケーションシステム http://rescue.teacup.com/



災害用伝言ダイアル(NTT東日本) http://www.ntt-east.co.jp/voiceml/


      〃      (NTT西日本) http://www.ntt-west.co.jp/dengon/





災害時緊急コミュニケーションシステム http://rescue.teacup.com/



災害用伝言ダイヤル『171』
 録音方法
  ・電話で『171』をダイヤルして下さい
  ・音声案内に従い「録音」のダイヤル1を押します
  ・(被災地在住者)
    自宅の電話番号を市外局番から
   (それ以外の方)
    連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番から
   それぞれダイヤルします
  ・伝言を録音します
 再生方法
  ・電話で『171』をダイヤルして下さい
  ・音声案内に従い「再生」のダイヤル2を押します
  ・(被災地在住者)
    自宅の電話番号を市外局番から
   (それ以外の方)
    連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番から
   それぞれダイヤルします
  ・伝言が再生されます



これらの連絡先等を事前に非常用持ち出し袋に入れておくと便利かと思います

みなさんわかってらっしゃるとは思いますが、連絡は出来るだけ短く要点だけをお話して
他のかたの迷惑にならないように心掛けましょう


Copyright (c) 2009 HosMax Corp. All rights reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。