あなたの家庭では防災グッズ(防災用品)のご準備はお済ですか? うちは大丈夫というあなたも家族が増えて防災グッズが足りないということがないように、もう一度点検してみましょう。又各自治体で催される防災訓練等に積極的に参加して防災意識と防災学習を常日頃から高めましょう。その際家庭防災用品等も紹介 されたりしていますのでチェックしてみてください。家庭内でも防災対策として防災マニュアルを作って発生後、各自が適切な行動が出来るように心掛けましょう。 家族がばらばらになっている昼間などに発生することを想定して、落ち合う場所等(避難場所)も事前に決めておくことが大切です。 会社勤めのかたも自宅へ徒歩で帰らなければならないかもしれませんので防災マップ等購入され常に携帯されることをお勧めします。 各役所等にあります防災センターでの防災情報や広報誌を必ず購読することも事前の心構えになりますのでご利用下さい

筆者プロフィール&サイト作成意図

 
プロフィール

父の仕事の都合で両親が兵庫県の武庫川市に住んでいたころ
生まれました、昭和41年8月の暑い日だったそうです。

それから幼児期・小/中学校・高校と大阪市内移り住み、過ごしました

高校を卒業して、18歳で京都の福知山市で陸上自衛隊に
入隊し、所属は普通科連隊の衛生隊員として従事しました

その期間中、上官の運転手兼世話係の勤務に付く事になり

その間、衛生隊員として又は上官の運転手として、台風等の災地に
赴くことも多々有、様々な被災地を復興支援者の一人として体験しました

実家も大阪ですので両親は阪神大震災を体験しました
実家や親戚の家屋の状態を見るたびに地震の恐怖を感じました。

私の叔父も陸上自衛隊の自衛官で車両設備隊員として要請があり
鹿児島県より復興作業を受け持ち、その叔父からも様々な惨状を聞く
機会がありました。

自衛官を退官し、東京の化学メーカーにSEとして17年勤めあげたあと、
2006年10月、株式会社HosMaxを設立しました。

鑑みると、偶然ですが、今までの人生の中で『防災』に関して色々縁が
あるようです

これもなにかの啓示として色々経験や勉強を積み重ねようと思っています

一言に防災といっても一つの形式があるわけではなく状況・環境によって
それぞれです

自分・家庭・地域・環境に見合った防災準備をして、いざという時に

備えましょう!!


作成意図

「そないあって憂いなし」と昔の人は言いました

防災に関してどこまで準備をすれば憂いがなくなるのかは疑問ですが、事前の準備

だけは怠らないようにと、我が家でも又地域防災意識として常に保持していきます

表題ではありませんが、みなさん災害が発生した後に後悔することのないように

心構え、用具の準備を怠らないようにして下さい

           株式会社HosMax 代表取締役 岩元 克久


ご意見・感想等又は指摘・情報などありましたら下記までメール下さい

厳しいご意見が筆者の勉強不足を補い成長させてくれます

なんなりと、宜しくお願いします

連絡先 : hosmax@co.jp




参考になりましたら ブログランキング  にご協力を!

防災グッズを集めよう!!(あとからでは遅いとりあえずの129アイテム)トップ





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。